たい焼き体験!和を体験! 浅草たい焼き工房『求楽』(ぐらく)ASAKUSA GURAKU

浅草でたい焼き体験!たい焼きをうまく焼くコツ

たい焼きをうまく焼くコツ

日本の伝統的な和菓子であるたい焼きは、昔から日本で親しまれている甘味であり、多くの方が口にしたことはあるでしょう。ただ具体的な作り方は知らないという方がほとんどだと思います。

そこで今回は、浅草で出来るたい焼き作り体験について紹介していきます。たい焼きを上手く焼くコツについても解説していくので、参考にしてみてください。

たい焼きは外はパリッと中はもちふわがおいしい

日本の和菓子として、訪日観光客からも人気があるたい焼きは、外はパリッとして、中はもちふわとして食感が美味しいのが特徴です。たい焼き自体は、提供している店舗は多いですが、本当に美味しいたい焼きは素材以外にも、焼き方にもこだわりを持って作り上げています。

たい焼きを美味しく作るためには、焼き方を疎かにしてしまうと、外はパリッ、中はもちふわといった食感を作り上げることは難しいでしょう。

美味しくたい焼きを焼き上げるためにも、浅草でたい焼き作りを体験することをおすすめします。「求楽」では、たい焼き作りを一から指導し、本格的なたい焼き作りを体験することが可能です。

素材にもこだわりを持ったたい焼きを、本格的なたい焼き機で作り上げることができるので、他にはない味わいでたい焼きを楽しむことができます。

特に、「求楽」では熟練のたい焼き職人が、作り方を教えてくれるので、誰でも美味しいたい焼きを作ることができるでしょう。たい焼き作り体験プランを選択すれば、一人あたり6匹分のたい焼きの材料が提供されるので、お腹いっぱいたい焼きを食べることができます。

たい焼き作り体験で作ったたい焼きを食べきれなくても、店舗でお持ち帰り用のパッケージを渡してもらうことができるので安心してください。

小さなお子様がいる方であれば、団体で貸し切りを行うこともできるので、事前に予約の際に相談してもらうことができます。大人も子供も楽しめるたい焼き作りが「求楽」では体験することができるでしょう。

あんこの量が肝心!

あんこの量が肝心

外がパリッとしていて、中がもちふわなたい焼きを作る場合は、一からたい焼き作りの基本をマスターすることが大切です。

たい焼き作りは、まずたい焼きの生地から作り始めます。水にミックス粉を加え、ダマがなくなるまで丁寧に混ざることが、たい焼き生地を綺麗に作るために重要です。

生地が完成した後は、チャッキリと呼ばれる器具にたい焼き生地を流し込みます。チャッキリとは、粉末生地を鉄板上に注ぐために使用される器具のことです。

次にたい焼きの要であるあんこを入れるのですが、美味しいたい焼きを作るコツとしては、あんこの量が肝心になってきます。

たい焼きに入れるあんこの量は、目盛りに合わせてあんさしにあんこを適量入れるようにしましょう。多すぎると、たい焼きからあんこがはみ出したり、あんこが多すぎてしつこくなってしまう可能性があります。少なすぎると、たい焼きの美味しい部分が減ってしまうので、しっかり適量をたい焼き生地に入れることが重要です。

あんこの量についても、たい焼き作り体験の際に、熟練のたい焼き職人からアドバイスを受けながら作ることができるので、安心してたい焼きを作ることができます。あんこの量を目盛りで計り、それでも適量がわからない場合は、気兼ねなく熟練のあんこ職人に相談することが大切です。

あんこの量を適量入れて、美味しいたい焼きを作り上げるようにしましょう。

皮は薄めがおいしい♪

皮は薄め!

たい焼き生地をチャッキリに流し込んだ後は、たい焼き器に生地を流し込んでいきます。最初に、たい焼きの型の溝が深い方に生地を流し込むことが重要です。溝が深い方にあんこを乗せるため、たい焼き生地をはじめに流し込む方は、溝が深い方が好ましいので、間違えないように注意しましょう。

綺麗なたい焼き生地を焼き上げるコツとしては、ゆっくり流し込んでいると、生地が固まってしまう恐れがあるので、素早くたい焼き生地を流し込むことが重要です。型の3分の1程度を目安に生地を入れましょう。

その後に、目盛りで計ったあんこを乗せ、反対側のたい焼き器の型にも生地を流し込みます。この時に、外がパリッとした生地を作るために、皮は薄めにすることが肝心です。

流し込む生地が多い場合は、生地が厚くなってしまい、あんこが入りきらなかったり、パリッとした食感が実現できない可能性があります。ただ流し込む生地が薄すぎても、あんこが外から見えてしまい、美味しそうな見た目にならない恐れがあるので、適度な量をたい焼き器の型に流し込むことが重要です。

基本的には、たい焼き器の型に流し込むたい焼きの生地としては、型の3分の1程度の量が理想になります。流し込む生地の量がわからないという方は、熟練のたい焼き職人の方に、確認することが大切です。

適量のたい焼き生地を流し込むことができれば、理想的なたい焼きの食感を実現することができるので、しっかり適量を意識して型に生地を流し込んでいきましょう。

求楽のたい焼き体験は動画で作り方を学べる

たい焼き作り初心者の方からすると、どのような流れでたい焼き作りが行われるのか、わからなくて不安という方も多いでしょう。そんな方のために「求楽」では、たい焼き作りを動画で学ぶことができます。

たい焼き作り体験を始める際に、5分ほどの動画を見ることができ、たい焼きの作り方を手順に沿って頭に入れることが可能です。実際に、いきなりたい焼き作りを行うよりも、予備知識として把握することができるので、思った通りにたい焼きを作ることができます。

「求楽」がたい焼き作り体験の際に見せる動画は、たい焼きの作り方だけでなく、たい焼きの歴史を学ぶことができるのも魅力の一つです。浅草の伝統的な和菓子であるたい焼きは、どのようにして生まれたのか、歴史を知ることで浅草の歴史に触れるきっかけになります。

たい焼き作りを動画で見ることで、たい焼き作り体験の際に、余裕を持って行動することができるようになるので、気持ち的にも安心して体験に参加することが可能です。

またたい焼き作りの際に、どのようなことに注意しないといけないのか、しっかり把握することができるので、小さなお子様と参加される方は事前に注意事項を知ることができるのも、動画のメリットと言えるでしょう。

「求楽」のたい焼き作り体験は、日本の観光客だけでなく、訪日観光客の方も多いのが特徴です。訪日観光客の方でも、たい焼き作りの方法を動画で把握できるように、英語版と中国語版が用意されています。

そのため、外国人の方もたい焼き作り体験に取り掛かる前に、しっかりたい焼き作りの流れを把握することができるでしょう。「求楽」は、訪日観光客の観光スポットとしても人気が高いので、おもてなしとして紹介する体験コーナーとしてもおすすめです。

「求楽」の店内は、和風な雰囲気で演出されており、和傘や浮世絵、刀といった訪日観光客の方から喜んでもらうことができる道具が取り揃えられています。そのため、店内を見てもらうだけでも、外国人には受けがいいのが「求楽」の魅力の一つです。

たい焼きのみを購入することもできますが、時間に余裕があれば、日本の伝統であるたい焼き作りを体験し、いい思い出を残すことをおすすめします。

自分で焼いた焼き立てのたい焼きは格別です!

焼きたてのたい焼き!

浅草で体験することができる「求楽」のたい焼き作り体験のメリットは、何といっても自分が作った焼き立てのたい焼きをアツアツで食べることができるという点です。

今までたい焼きを食べたことがある方でも、出来立てでアツアツのたい焼きを食べたことがある方は少ないのではないでしょうか。

特に、小さいお子様や訪日観光客の方からすると、初めてのたい焼きが焼きたてのたい焼きであれば、美味しいといった印象で思い出に残すことができます。特に自分が一生懸命作ったたい焼きであれば、感動はさらに増すはずです。

「求楽」のたい焼き作り体験は、和風な空間で体験することができるので、写真撮影を行う環境も十分に整っています。他にはない写真を残すことができるため、若い方でもインスタ映えを狙うことができるでしょう。

「求楽」のたい焼き作り体験では、たい焼きの中に入れる具材を持ち込むことができます。そのため、オリジナルのたい焼きを作ることができるため、世界に一つだけのたい焼きを作ることが可能です。

フルーツやお菓子といった変わり種をたい焼きに入れることもできるので、自分の好みの味を楽しむことができます。積極的に試してみましょう!

まとめ

浅草で体験することができる「求楽」のたい焼き作り体験は、スタッフがが一から美味しいたい焼きの作り方を教えてくれるので、和菓子作り初心者の方でも料理が苦手でも安心して参加することができます。

また「求楽」では、最初にたい焼き作りの流れを動画で見てから、実際にたい焼き作り体験を開催するので、事前に予備知識を入れておくことが可能です。

動画は、訪日観光客の方でもわかりやすいように、英語版と中国語版が用意されているので、外国人の方でも楽しむことができます。

美味しいたい焼きを作るコツとしては、あんこの量を適切にし、繊細な味を意識してたい焼きを作るということや皮を薄く仕上げて、パリッとした食感を実現することが大切です。それぞれ適量な量があるるのでそれを守ることが重要です!欲張りすぎてはいけません。

「求楽」は和風な雰囲気が演出されている店舗となっているため、インスタ映えする環境でたい焼き作りを体験することができます。家族やカップルで参加して、SNSに写真を投稿すれば、多くの方の反響を受けることもできるでしょう。

オリジナルの具材を利用すれば、世界に一つだけのたい焼きを作ることができたり、理想的な味わいのたい焼きを作ることができるので、一度試してみてください。

今回紹介したたい焼きを美味しく焼くコツを参考に、浅草でたい焼き作りを体験してみると、楽しい思い出を作ることができますよ!

Close
×

カート