たい焼き体験!和を体験! 浅草たい焼き工房『求楽』(ぐらく)ASAKUSA GURAKU

厳選された素材

こだわり抜かれた味

『求楽』のたい焼きは素材からこだわり、最高の味を常に追求しています。
『求楽』が厳選したこだわりの最高食材をご紹介します。

最高級あん「木下製餡」

「できるだけ、めんどくさいことをやる」
それが、職人のこだわり!

余計なものは一切入れない完全無添加のこだわり

『求楽』のたい焼きに使われているのは、東京都板橋区にあるキノアンこと「木下製餡」の職人が作り上げる最高級のつぶあんです。「木下製餡」では最高級の小豆と職人があえて手間をかける昔ながらの製法でつくり上げられています。

同じ小豆を使う製餡所は他のもあれど、手間と時間をかけたからこそ出せる繊細な旨みは、他では再現できません。材料は小豆と砂糖と塩のみ!余計なものは一切入れない完全無添加にこだわった最高級のつぶあんです。

 

製法へのこだわり

直火銅釜

「木下製餡」の企業秘密とも言える大きな直火銅釜。現在、このような銅釜をつくれる職人自体が減ってしまったといわれています。

あんこの製造に直火銅釜を使う理由は、銅の熱伝導率のよさにあります。熱がムラなく伝わることにより、まろやかで優しい餡(あん)を練り上げることができるのです。また、銅イオンの効果により殺菌効果があると言われています。

 

しかしながら管理が非常に大変で、職人の腕がないと餡(あん)を焦がしてしまうため、他社で直火銅釜の製法が採用されることはほとんどありません。「木下製餡」のこだわりは、銅釜の管理方法から始まります。

銅釜を「お酢と塩」だけで磨き上げる昔ながらの方法で大切に管理されています。あえて直火銅釜で手間をかけて練らなければ、この最高の餡(あん)の味をつくり出すことがはきないのです。

 

お酢と塩で磨き上げる
お酢と塩で磨き上げる

食材へのこだわり

北海道十勝産「豊祝小豆」

一切の添加物を入れずに「小豆と砂糖と塩」だけしか使っていません。最高級の食材とその食材の本来の味を最大限に引き出す職人の技だけでつくられています。

小豆は「豊祝小豆」を使用しています。「豊祝小豆」は十勝産の小豆の中でも、もっとも粒の大きい小豆を集めたものです。皮が薄く香り高い小豆で、旨みが強く上品な味わいを感じられる大和雑穀の最高級ブランドです。

そして砂糖には、純度にこだわった大粒の「鬼ザラ糖」を使用しています。「鬼ザラ糖」は純度が高いことから、雑味がなく甘さのキレがよく上品な味わいを引き出す素材です。お菓子職人の高い技術と合わさることで最高の味を極限まで追求することができる素材です。

最後に餡(あん)の味をしめる塩には「天日塩」が使われています。「天日塩」は汲み上げた海水を「日光と風」だけでつくる昔ながらの製法でつくられた高級素材です。他の塩に比べ非常に力強い味が感じられます。

塩はただ入れるだけでなく、一度「炒る」という一手間かけています。塩は炒ることで味が化けると言われています。炒った塩は味の角が落ちて、まろやかな味わいになるのです。

 

大粒「鬼ザラ糖」
あえて塩を炒る一手間

無駄なもの一切入れずに、こうして手間を惜しまない職人の技術と最高級の食材でつくられた「つぶあん」だからこそ感じられる極上の味。

一度食べたら他のあんこは食べられない。それが「木下製餡」のこだわり抜かれた味なのです。

Close
×
×

カート